西脇 航 | 合田工務店リクルートサイト

西脇 航 | 合田工務店リクルートサイト

INTERVIEW

自分の考えで現場が進んでいくやりがい。
誇りをもって取り組むことができる仕事です。

WATARU NISHIWAKI

西脇 航 (にしわき わたる)

東京本店建築部建築課

2016年度入社

自分の考えで現場が進んでいくやりがい。誇りをもって取り組むことができる仕事です。

INTERVIEW 01

「早くから先頭にたって活躍したい!」その想いを叶えるために、合田工務店に入社しました。

「早くから先頭にたって活躍したい!」
その想いを叶えるために、合田工務店に入社しました。
建築都市環境学科に在籍していた学生時代。施工管理職を志望して就職活動を行う中、合田工務店と出会いました。選考段階から現場見学をさせてもらうなど、一番現場を身近に感じることができたのがこの会社。何より接した社員さんたちが皆んな若く、誇りを持って仕事に取り組んでいる様子を垣間見たことが入社の決め手となりました。「自分もここで早くから活躍したい!」。そう直感しました。 入社後は新築マンションの建築現場に配属され、憧れの先輩たちから知識・ノウハウを教わる毎日。協力会社の職人さんともコミュニケーションを図りながら、どのように現場作業が進んでいるのかを学んでいきました。職人さんからの質問が理解できず、先輩に相談することも多かったですが、分かるまで何度も何度も聞き直す自分に対して、先輩は根気よく理解できるまで教えてくれました。

自分の段取り通りに現場を進めていくため、求められるのはコミュニケーション能力。

自分の段取り通りに現場を進めていくため、
求められるのはコミュニケーション能力。
初めて配属されたマンション建築現場で、外部足場が解体され全貌が現れた時にはとても嬉しかったですね。外壁タイルがキレイに仕上がっている様子を眺めながら、自分の手掛けた物件を誇りに感じました。そして次の現場へ。一通りの現場の流れを経験していたことで、少し先を見据えて動けるようになり、仕事の幅も広がりました。設計図を元に職人さんが作業をしやすいよう、施工過程をまとめる施工図面作成や協力業者・資材の手配を行い、作業が始まれば、その品質管理や工程管理も担当しました。やりがいを感じるのは、自分の考えが現場の進行に反映され、建物がカタチになっていくこと。自分の段取り通りに進んだ時には大きな喜びを感じます。そのためにも、現場に関わる全ての人たちと密にコミュニケーションをはかることが大切ですね。伝え方ひとつでミスに繋がる可能性もあるため、施工管理職にはコミュニケーション能力が求められると思います。
INTERVIEW 02
INTERVIEW 03

「G1サポート制度」を活用して、1級建築士の資格取得を目指しています。

「G1サポート制度」を活用して、
1級建築士の資格取得を目指しています。
当面の目標は、早く現場所長として現場の陣頭指揮をとれるようになること。そのためにはまだまだ知識・経験を積まなければなりませんが、まずは1級建築士もしくは1級施工管理技士の資格取得が必要不可欠です。合田工務店には、「G1サポート制度」という資格取得支援制度が用意されていて、時間的サポートのほか、学費負担や合格祝い金、資格取得奨励金の支給などもあります。この制度を最大限に活用して、私は1級建築士と1級施工管理技士の両資格の取得を目指しています。そして資格取得後、晴れて現場所長デビューを果たした際には、後輩たちに、しっかりと自分の知識・経験を伝えられるような先輩になりたいと思います。かつて就職活動時に憧れた先輩のように、自分も誇りを持って仕事に取り組んでいきます。

学生へのメッセージ

合田工務店は、やる気さえあれば早くから責任のある仕事に挑戦することが可能です。資格取得に関しても、令和2年より建築士法が改正され、受験資格が緩和されましたので、より若手にチャンスが広がりました。誇りを持って仕事に取り組めば成長できる環境が整っていると思いますので、ぜひ一緒に頑張りましょう。

人と街の未来を創る
合田工務店コーポレートサイト