小笠原 正吾 | 合田工務店リクルートサイト

小笠原 正吾 | 合田工務店リクルートサイト

INTERVIEW

大きな金額を動かす営業職。
個性を活かして、多くの人たちと協力し、進めていく仕事です。

SHOGO OGASAWARA

小笠原 正吾 (おがさわら しょうご)

東京本店営業部営業課

2016年度入社

大きな金額を動かす営業職。個性を活かして、多くの人たちと協力し、進めていく仕事です。

INTERVIEW 01

「大きな金額を動かす営業職」に魅力に感じ、自分らしく働けそうな会社へ。

「大きな金額を動かす営業職」に魅力に感じ、
自分らしく働けそうな会社へ。
漠然と営業職を希望して就職活動を行った私は、メーカー、商社など、とにかく業界・業種を絞らずに多くの企業にエントリーしました。様々な営業職の仕事を調べていくうちに、私が魅力を感じるようになったのが「大きな金額を動かす営業職」。マンションデベロッパーに務めていた高校の先輩からの薦めで建設業界を受けてみましたが、合田工務店の社名を知ったのはその時がはじめて。いくつか建設会社を受けた中、自分らしく働けそうだと感じたのが合田工務店でした。たくさんの若手が活躍していて、雰囲気の良い社風、そしてゼネコンとして評価も高かったことが入社の決め手となりました。入社後まずは、マンション建設現場で着工から引き渡しまで、一連の施工管理業務を経験。約1年間の現場経験が、営業職として働く上でも大いに役立っています。

多くの人たちと協力しながら、お客様の要望に応える提案内容を導き出していく。

多くの人たちと協力しながら、
お客様の要望に応える提案内容を導き出していく。
営業職の仕事は、お客様の事業ビジョンを理解した上で、新たな建築計画に耳を傾けることから始まります。建設予定地について、施工可否の検討、施工費の見積り、契約、そして工事着工から引渡し、といった事業スケジュールを円滑に進めることが主な業務となります。過去の例に、私が担当するあるマンションデベロッパーから、既存の建物を解体しその土地に新たにマンションを建築したい、という相談がありました。解体と建築を合わせた総予算の中で、事業を収めるべく、協力業者とあらゆるケースを想定、また設計課や現場施工を担当する建築課、工事費用を算出する積算課など、多くの人たちと何度も打ち合わせを重ねながら、お客様の要望に応える提案内容を導き出していきました。
INTERVIEW 02
INTERVIEW 03

大切なのは、どれだけ深くお客様の要望を吸い上げることができるか。

大切なのは、どれだけ深く
お客様の要望を吸い上げることができるか。
提案活動だけが営業職の仕事ではありません。現場が稼働してからも、定例の打ち合わせに同席し、進捗状況を確認したり、現場だけでは判断できない変更等があった場合は、お客様との折衝もあります。常時10件近くの既存現場を担当しながら、新たな提案活動に取り組んでいます。お客様の事業ビジョンをヒアリングした上でどれだけ深く要望を吸い上げることができるか、いかにして信頼関係を築くかが大切だと考えております。合田工務店は、都内の新築マンション施工で数多くの実績を誇っています。品質の高さが大きな強みですが、これからはホテルや学生寮などの建築分野でも、その強みを発揮していきたいと考えています。

学生へのメッセージ

お客様から寄せられる相談に、できる限り迅速かつ的確に応えることが信頼につながります。その上、合田工務店には、個性豊かな営業職が活躍しています。個性を活かして一緒に成長していける仲間をお待ちしています。

人と街の未来を創る
合田工務店コーポレートサイト