林 佑一郎 | 合田工務店リクルートサイト

林 佑一郎 | 合田工務店リクルートサイト

INTERVIEW

お客様と真摯に向き合い、
カタチのないものをカタチにしていく企画提案営業です。

YUICHIRO HAYASHI

林 佑一郎 (はやし ゆういちろう)

営業本部営業部営業課

2014年度入社

お客様と真摯に向き合い、カタチのないものをカタチにしていく企画提案営業です。

INTERVIEW 01

生まれ育った街のシンボルになるような建物を手掛けたい。

生まれ育った街のシンボルになるような建物を手掛けたい。
学生時代、都市政策学科に在籍していたこともあり、「まちづくりに関する営業職」を志望して就職活動を行いました。生まれ育った地元・香川県のまちづくりを手がける会社として、ゼネコンやハウスメーカーに絞って企業探しを行う中、最大手だったのが合田工務店でした。公共施設や学校、病院から住宅、ホテル、工場まで、多種多様な建物を手掛けており、スケールの大きな仕事に携わることができる点に魅力を感じました。合田工務店では、営業職として入社した社員もまずは現場の仕事を経験します。入社後1年間、学校舎改築工事や空港ターミナルビルのエレベーター増築、トイレ改修工事などの現場を経験。営業課に配属されてから、官公庁や民間企業を対象とした営業活動に取り組んでいますが、現場で得た知識・経験は大いに活かされています。

常に先を見据えた情報収集が、成果を挙げる鍵を握っています。

常に先を見据えた情報収集が、成果を挙げる鍵を握っています。
基本的な営業の流れとしては、日頃から建築ニーズを収集することから始まります。公共施設なら予算段階から官公庁にアプローチし、民間企業なら事業計画を把握することが第一歩。既存のお客様へのフォローも含め、常に先を見据えて情報収集を行うことが、営業として成果を挙げるための重要な鍵を握ります。そしてお客様から建築ニーズをヒアリングすることができれば、社内の設計課や見積金額を算出する積算課と協力しながら提案内容を考えます。工期や施工技術について建築課に相談することもあります。一人で完結できる仕事ではありませんので、現場を理解した上で話を進めなければ、お客様のニーズに応えることはできません。
INTERVIEW 02
INTERVIEW 03

お客様と一緒にカタチのないものをカタチにしていく仕事です。

お客様と一緒にカタチのないものをカタチにしていく仕事です。
営業職としてやりがいを感じるのは、新規に取引したお客様から、自分を指名して追加案件の依頼をいただいた時ですね。営業課に配属されて2年目、初めて自分が主体となって担当したある製造業のお客様がいました。工場建築を計画されていましたが、まだ土地以外に何もない状態。設計課や積算課と共に打ち合わせを重ね、計画を具体化していきました。工事中もお客様との密なコミュニケーションを心がけ、おかげさまで完成した建物にご満足いただくことができました。その後も長いお付き合いを続け、新たな工場建築を依頼された時は本当に嬉しかったです。その案件では土地探しから相談され、関連会社である合田不動産とも連携を図りながら、お客様の期待に応えていきました。お客様と一緒に構想を練り、カタチのないものをカタチにしていく仕事。億単位の金額が動きますのでプレッシャーも大きいですが、その分、味わえる喜びは何物にも代えられません。

学生へのメッセージ

お客様の信頼を得るために、営業スタイルは個人の裁量に任されます。お客様と真摯に向き合い、期待に応えられるよう自分なりに考え、企画提案を行うことがこの仕事の醍醐味です。社内には、設計、積算、建築、管理など、各部門のエキスパートがいますので、たくさんの人を動かしながらスケールの大きな仕事に携わることが可能です。

人と街の未来を創る
合田工務店コーポレートサイト