荻野 慎也 | 合田工務店リクルートサイト

INTERVIEW

採用活動は、就活生の人生に影響を与える仕事。
一人ひとりの気持ちに寄り添い、深く関わっていく。

SHINYA OGINO

荻野 慎也 (おぎの しんや)

管理本部管理部総務課

2018年度入社

INTERVIEW 01
採用活動は、会社の未来を左右し、就活生の人生に影響を与える仕事。
管理部・総務課では、採用活動、社内イベントの準備、施工物件への保険業務、電話・来客応対など、実に幅広い業務を担当しています。中でも採用活動は、合田工務店の未来を左右し、就活生の人生にも影響を与える重要な仕事です。自分が就職活動を始めた頃には、建築会社の採用活動に携わるとは想像すらしていませんでした。もともと「香川で働きたい」という思いが第一希望。建築会社で働いていた兄の影響もあり、香川の街をつくっていく仕事として建築業を志望しました。そのほかにも様々な業界・業種の企業にエントリーしましたが、正直、順調な就職活動とは言えませんでした。まわりの友人たちが早々に内定を獲得する中、4回生の秋頃まで活動を続けていた自分。どんな会社に行きたいか悩んだり、内定がもらえず不安になったり、とその時々で一喜一憂していました。
夢や希望、不安や悩み、
就活生の気持ちに寄り添い、深く関わっていきたい。
就職活動の不安や焦りを人一倍感じていた自分だからこそ、就活生の気持ちに寄り添って採用活動に取り組むことを意識しています。合同説明会でブースを訪れた学生の中には、まだ方向性が定まっていない方も少なくありません。もちろん自分の接した学生が縁あって合田工務店に入社してくれれば一番嬉しいですが、就活生のやりたいことと実際の業務にギャップがあると思った場合には、客観的にアドバイスをすることもあります。例えば、橋梁やダムなどを作りたい土木志向の学生に、建築一筋の合田工務店を無理に薦めることはできません。就活生の人生に影響を与える仕事に携わる者として、入社後に後悔させることがないよう一人ひとりと深く関わっていきたいと考えています。
INTERVIEW 02
INTERVIEW 03
働きやすい環境づくりも大切な仕事。
積極的に新たな取り組みを行っていきたい。
採用活動の真の成果は、すぐに結果としてはあらわれません。入社後に第一線で活躍するような人材に成長して初めて成果となりますので、入社してからも責任を持ってフォローしていきたいと考えています。成長過程における不安や悩みに親身になって耳を傾けながら、働きやすい環境づくりを行うことも総務の大切な仕事です。当社では月2回、全体会議を行っていますが、県内外の各現場で働く社員の負担を少なくするためテレビ会議システムを導入したり、新たなグループウェアを整備したり、仕組みの面からも働く人たちをサポートしていきたいと考えています。積極的に新たな取り組みを行っていくためには、自分自身を成長させなければなりません。現在、防災士やFP(ファイナンシャル・プランナー)など、業務に活かせる資格取得を目指しています。

学生へのメッセージ

合田工務店はまだまだ成長段階の会社です。その原動力となる人材育成に力を入れている会社ですので、早くから第一線で活躍したいという方は、希望をもって働くことができる環境だと思います。また個人的に感じているのは、親身になって相談にのってくれる先輩が多いということ。自分が先輩に支えてもらったように、今度は自分が支える存在になりたいと思っています。少しでも不安に思うことや悩みがあれば、気軽に相談してください。

人と街の未来を創る
合田工務店コーポレートサイト