日下 花菜 | 合田工務店リクルートサイト

日下 花菜 | 合田工務店リクルートサイト

INTERVIEW

女性現場所長として、
多くの人たちと力を合わせ難易度の高い現場に挑戦。

KANA KUSAKA

日下 花菜 (くさか かな)

建築本部建築部建築課

2015年度入社

女性現場所長として、多くの人たちと力を合わせ難易度の高い現場に挑戦。

INTERVIEW 01

「建物をつくり上げていく過程に立ち会っていたい」という思いから施工管理職へ。

「建物をつくり上げていく過程に
立ち会っていたい」という思いから施工管理職へ。
もともとものづくりが好きだった私は、建築を学ぶために大学に進学。「建築業界で働きたい」という想いは就職活動を始める時まで変わることがありませんでした。業界を絞って行った就職活動。営業、設計、施工管理など、建築に携わる様々な仕事を選択肢として考えてみましたが、最終的に施工管理を志望した理由は、「建物をつくり上げていく過程に立ち会っていたい」という想いからでした。そして施工管理職として働くのなら、自分の生まれ育った街づくりに貢献できればと思い、香川県に本社を構える合田工務店に入社しました。2015年の入社時点で、女性の施工管理職はまだ珍しかったかもしれません。

多くの人たちと協力して、建物をつくり上げていく醍醐味を味わいました。

多くの人たちと協力して、
建物をつくり上げていく醍醐味を味わいました。
入社以来、葬祭場や学生マンション、国税局、個人住宅など、様々な物件に携わってきました。中でも印象に残っているのが、高松市こども未来館です。総勢10名もの施工管理職が配属された大規模な現場で、当時入社2年目の私は主に安全管理を行うために現場を見てまわったり、工事記録写真を撮ったり、常にあわただしく動き回っていました。1年7ヶ月に渡る大型施設の建築現場に携わることができたことで、先輩・上司はもちろん、多くの職人さんたちと建物をつくり上げていく醍醐味を味わうことができました。その時々で問題に直面しましたが、みんなで一つひとつ問題を解決。多くの人たちと協力するからこそ、無事、建物が完成した時の喜びもひとしおでした。
INTERVIEW 02
INTERVIEW 03

1級建築士資格試験に一発合格。女性現場所長として現場をまとめています。

1級建築士資格試験に一発合格。
女性現場所長として現場をまとめています。
実は社会人になってから「学生時代にもっと勉強しておけば良かった」と後悔しました。現場では経験豊富な職人さんと接することもあり、知識不足を痛感。とにかく一生懸命に足りない知識・経験を身につけました。入社して2年間、現場経験を積んだ後、1級建築士資格試験に合格できたのも、知識量の少なさをカバーしようと必死だったからだと思います。晴れて資格を取得したことで、現場代理人としてデビューすることができました。任されたのは、デザイン性に富んだ個人住宅の新築現場。共に配属された2名の施工管理職や協力業者の職人さんに指示を出しながら、現場の安全管理、工程管理、品質管理、予算管理などを行うことが現場所長の役割です。まだまだ勉強は続きますが、まわりの人たちに支えられながら現場を管理しています。

学生へのメッセージ

現場所長の仕事は、判断の連続です。プレッシャーもありますが、判断に迷った時には先輩現場所長に相談すれば、いろいろとアドバイスをいただけるので有り難いです。合田工務店には、経験豊富な施工管理職がたくさん在籍していますし、女性施工管理職も増えてきています。みんな気さくで優しい方ばかりですので、安心してチャレンジすることができると思います。

人と街の未来を創る
合田工務店コーポレートサイト