角陸 明日香 | 合田工務店リクルートサイト

INTERVIEW

アットホームな職環環境。
一から丁寧に仕事を教えてくれました。

ASUKA KADORIKU

角陸 明日香 (かどりく あすか)

管理本部管理部経理課

2018年度入社

INTERVIEW 01
企業規模、業績、待遇、何より会社の雰囲気の良さに魅力を感じました。
事務職を志望して就職活動を行いました。合田工務店との出会いは、合同説明会に参加した時です。特に建築業を志望していたわけではなく、不動産業、印刷業など、様々な業界・業種の企業を見て回った中、一番安心して働くことができそうだと感じたのが合田工務店でした。それは会社規模や業績、待遇面などもそうでしたが、接した社員さんが優しい方ばかりでしたので、アットホームな会社の雰囲気を魅力に感じました。内定後も先輩社員とお話する機会を設けていただきましたが、みんな気さくな方ばかりで親しみやすかったことが印象的でした。
不安な様子の私を気遣って、
先輩社員が一から丁寧に仕事を教えてくれました。
新入社員研修後、経理課に配属されましたが、学生時代に簿記を学んでいなかった私は、少し不安を感じていました。そんな様子を気遣ってくれたのか、先輩は一から丁寧に仕事を教えてくれました。私もひとつずつ確実に仕事を覚えていく毎日。伝票仕分け、請求書発行、入金確認、給与・賞与計算など、一通りの仕事を覚えた入社1年目の終わりには、ある程度の経理業務を自己完結できるようになっていました。自己完結する分、正確性を求められます。請求、支払いに関しては億単位の大きな金額になることもあるため、数字を間違えるわけにはいきません。処理した仕事の、自分自身の確認はもちろん、他の経理課の社員にも確認してもらうよう心がけていました。
INTERVIEW 02
INTERVIEW 03
建設業経理のスペシャリストを目指して、勉強の毎日です。
入社2年目になり、さらに任される仕事が増えてくると、考えながら経理業務に取り組む大切さを実感しました。目の前の経理業務が、営業部や建築部の業務にどのようにつながっているのか、を少しでも理解していれば、万が一ミスが見つかった場合でも、対応方法を考えることが可能になります。また、ミスを未然に防ぐためにも、経理上の専門用語を分かりやすく噛み砕いて他部署の方に説明するなど、伝え方を工夫をするようになりました。まだまだ幅広い知識・経験を身につけなければなりません。現在、建設業経理に関する専門知識と会計能力を身につけるため、昼休みや仕事終わりに「建設業経理士」資格の取得を目指して勉強中です。

学生へのメッセージ

合田工務店は、分からないことがあれば周りの人たちに聞きやすい雰囲気もありますし、私にとってはとても居心地が良いですね。肩肘張らずに仕事に取り組むことができるアットホームな職場です。ぜひ一緒に働きましょう。

人と街の未来を創る
合田工務店コーポレートサイト