合田工務店唯一の関連会社として、不動産業務の拡大と充実を目指す弊社は、高松市の本店と観音寺営業所を2大拠点とし、不動産取引のプロとして賃貸マンションや賃貸事務所等の賃貸仲介管理、土地建物の売買仲介業務、分譲宅地のピアタウンシリーズなどを手がけています。 同じグループ内に工務店と不動産がある意義はたいへん大きいと言えます。工務店のノウハウを活かし、土地の売買にとどまらず、見積もり、設計施工、プランニングから竣工後の総合管理まで、一貫したサポートが可能になりました。このメリットを活かし、優良土地分譲とトータルサポートの二本柱でお客様のニーズにお応えします。
優良な宅地をお客様に提供する合田不動産本来の土地分譲事業。合田工務店とのコラボレーションとともに、合田不動産を支える代表的な事業の一つです。
 平成13年にスタートした分譲宅地「ピアタウン」シリーズは現在県内10カ所以上に拡がり、いずれも好評を博しています。
 観音寺エリアでは、貸店舗関係の事業も展開しています。


合田不動産の土地に合田工務店が施工するスタイルの代表例が「パサル」シリーズです。
 高松市藤塚商店街に面したパサル藤塚(8階建て28戸)は平成19年の竣工。現在市内で唯一の女性専用ワンルームマンションです。ゆったりとした空間に、エントランスはオートロックと監視カメラを設置。入居者の安心安全に配慮しています。
 今後も幅広いニーズをリサーチして、コンセプトの明確なものづくりを続けていきます。


観音寺モールは平成21年の夏にスタートした計画で、観音寺営業所周辺(サニータウン)を解体・再開発し、22年12月にグランドオープンしました。
 約1万8,500㎡の土地に大型量販店棟とテナント棟、538台の駐車場を備えます。
 テナント棟の設計と全体の施工は合田工務店が担当しています。
 商業施設の立地に適した土地を見つけ、テナントを有効配置することで、地域に役立つ再開発事業を提案しています。


高齢化が進む中、お年寄りの一人暮らしが増えています。お年寄りが安心して暮らせる環境を整えるために、合田不動産がこれまでに培った経験を活かして、医療施設や老人福祉施設の計画・立案を行って、高まるニーズに対応していきます。
 土地を有効利用したい方に、介護事業で福祉施設を運営したい方をご紹介し、双方の強みを活かした企画提案を行うなど、社会に貢献できるビジネスマッチング事業の展開も、今後ますます重要になってくるでしょう。
合田不動産も柔軟な発想で取り組んでまいります。